2010年03月08日

世界樹の迷宮III 星海の来訪者 先行体験会

sekaijyup.jpg
4/1にニンテンドーDS用ソフトとして発売予定の世界樹の迷宮III 星海の来訪者 先行体験会に行ってまいりました。

参加者は

はちま起稿さん
7974さん
オギャンな日々さん
ゲーム好きの戯言ブログさん
2Gamersさん
ゲーム特盛・映画サラダ・小説一丁やっと…ブログさん
れんねん360さん
XNA Today管理人と私。
体験会は前半をソロプレイ、後半をマルチプレイ、終りに開発スタッフの方々への質疑応答という形式になりました。


世界樹の迷宮シリーズというと往年のウィザードリィを彷彿させるダンジョン探索型RPGなわけですが、世界樹の迷宮に関しては1の冒頭をちょろっと遊んだ事がある程度でした。
が、まぁ一応要領は分かってるつもりでゲームを開始。
キャラクターを自分で一人ずつ作っていくのって本当に悩みますね、愛着が湧くし脳内でロールプレイさせておくのも楽しい。
キャラデザは日向氏の描くキャラはオヤジからお姉さんまでとてもドストライクでした。

おなじみのマッピングをしながら迷宮をさまようのですが、会場の各所から「全滅した」「あの敵強い…」「セーブしてない状態で間違って電源落とした…orz」など、関係ないのもありますが、中々の阿鼻叫喚っぷり。
ふふん、と軽く鼻で笑いながら進めていくも、粗いマッピングをしてたが故に本来道がある場所にマッピングで壁を書き込み 迷う。 丁寧なプレイを心がけましょう…荒んでると失敗することもあります。
職業もある程度一新されるも、スキル振りに一喜一憂するのは相変わらず。
敵が落とす素材をバシバシ売ってお金を稼ぎつつ、素材を売ることにより新たな品が買えるようになる。
シリーズのファンにはやり慣れたシステムであるものの、新規のユーザーを突き放すような作りにはなっておらず、バランスがいいゲームになっていると感じられました。
2時間の間になんとかマルチプレイができる段階まで進めることができました。

マルチプレイは、話が進み航海ができるようになると、さらに大航海クエストという協力用クエストが受けられるようになり、これに最大5人で挑む形になります。
今回小森ディレクターや他スタッフの方々のキャラを交えてプレイする組と、参加者が2時間で育てたキャラでガチンコで挑む組があったのですが、私は後者に属していました。

クエストを受けたら各々が自分のパーティーから1人選び、それで協力パーティーを作り挑むのですが、当然これはバランスをとるべく話し合いをすべきです。確実にするべきなのですが、お遊び的な要素として、各自なにも言わず勝手に選ぶ方式でやったものだから前衛後衛のバランスが崩れたりして笑いながら遊ばせて頂きました。
戦闘に入ると自分のキャラの行動だけ決め、あとはターン制RPGですね、順番がきた時にその行動をとることになります。

なんとかクエストクリアに至る場面もあり、ワイワイ言いながら遊ぶ事ができました。


最後の質疑応答ですが、こちらは詳しいことがわいだっぴさまのわぷわぷだいありーにありますので、是非そちらへどうぞ。


シリーズのファンのために、そして新たなユーザーにも配慮を忘れず、正統進化させた世界樹の迷宮III。ニンテンドーDS用ソフトで4/1に発売予定です。ウィザードリィが懐かしいと思う人、キャラデザに惹かれた人、是非手にとってやっていただきたいです。
合う合わないは当然あると思いますが、損をさせないゲームだと思います。


チマッチマやるのにいいんですよね…そんなこと言いつつすっかり時間を忘れるタイプのゲームですが。

自分のキャラがいとおしくなり始めたら勝ち。
何にかはその人の心の中
posted by わすこ at 03:10| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記