2010年10月01日

RED DEAD REDMPTION ブロガー先行体験会に参加してきました。

128591416450933.jpg
10/7にXbox360/PS3用ソフトとして発売予定である、
レッド・デッド・リデンプション(以下RDR)の先行体験会に参加してまいりました。

GTAのスタッフで作り出す西部劇の箱庭。その空気感たるや・・・
車では無く馬、都市では無く荒野、警察はいない 保安官が飛んでくる。
何を隠そう既に私は海外版をプレイ済み。それ以前に前作(ほぼ近作と繋がりは無い)もプレイ済み。
発表当時からまだかまだかと待った一作でありました。
蛇足ではありますが、海外版の方 発売後3本用意し、友人に布教、オンラインで荒くれ者として大暴れの予定だったのですが・・・。
中々友人達と都合がつかず、マルチプレイはほぼプレイできていません。
シングルプレイの方は一通り終えており、衝撃の最後も目撃しております。

今回の体験会、シングルプレイでいくつかミッションをこなし操作に慣れ、次に8人でマルチプレイの体験に移るというもの。
操作に関してはある程度わかっているので、日本語版の翻訳具合を確認することに。
会話は字幕、ほかのシステム的な部分は全部日本語に。
誤訳のようなものは感じられませんでしたし、フォントもほどよい大きさになってると思われます。

しいて言えば マルチプレイ時にチーム分けにおいて保安官チームらしきものが「執行者」という命名があったこと。
たしかにその名称に間違いは無いしかっこよさもあるんですが、
日本人にわかり易く となると保安官の方が良かったかもなぁなどと。
もしかしたら海外版の方がexecutionerあたりになってるのでそういう訳の可能性もありますけどね。
特に気になる日本語等は無かったと思います。


ある程度シングルプレイが進んだ所で、8人によるマルチプレイ。
RDRのマルチプレイはまず放浪モードと呼ばれるシングルプレイのマップそのままをロビーに変えたモードから始まる。
ここにそのまま16人集合することも可能。ここから対戦に移行したり、そのまま放浪モードで獣を狩ったり荒くれ者の砦を攻めたりもできる。
またオンラインでは特定の行動でプレイヤーには経験値が与えられ、貯める事で徐々に武器や馬、使用キャラなどをアンロックできる。
体験会でも8人で集まって荒くれ者の砦に攻めた。8人が集まるだけあり始まってすぐに保安官に追われてるものもいる。
他人が呼んだ馬を奪って走っていく輩もいる。既に荒くれ者がどちらかわからない。
なんだろうか・・・そういうことをさせるような雰囲気があるともいえる。
目的地では家屋や岩陰にいる敵を倒し、何度か現れる援軍を撃退した。
砦攻めにもかなりの経験値が設定されていた。


放浪モードが一段落したところで対戦モードもやってみることに。

いわゆるデスマッチ風の「シュートアウト」
チームデスマッチになる「ギャング・シュートアウト」
これをもうまさに撃ち合い。8人入り乱れるか、隠れて待ちうけるか、個人の能力が大いに試される。

マップに散らばる黄金を目的地まで運ぶ「黄金ダッシュ」。キャプチャーザフラッグにも似てる。黄金袋は2つまで担げるのだが、一つ担ぐと重さで動きが遅くなる。
しかしよくあるCTFと若干違うのは担いでる間も射撃が可能な点。
狙われてもなんとか撃退するチャンスはある。
「ゴールドキーパー」。各陣地に宝箱と黄金が設置され、敵の黄金を奪って自陣地に持ち帰る。まさにCTFのスタイル。
奪う人間と陣地の黄金を守る者のチームワークがものをいう。
体験会中も黄金を奪いに行く途中で自陣地の黄金が奪われることも多々あった。

「バッグ争奪戦」。体験会中ももっとも盛り上がったルールである。
チーム戦なのだが、初期で設定されてるのは自陣地のみ。ランダムでマップ上に一つだけ出現する黄金を自陣地に持っていくとポイントが入る。
黄金が完全に出現する前に出現地点だけ先に知らされる。出現前に地点の安全を確保するべく敵を撃退していく事が求められる。
黄金を確保できたら敵の追撃を避けながら自陣地を目指すが、一つしかない黄金である、敵も必死に追ってくる。
仲間が盾になってくれたりしながら先に進むのだが、陣地目の前!といったところで倒されてしまい黄金を落とす などもあり会場からは悲痛な声も。

やはりこういうタイプのゲームは繋がっている人達とやり取りをしながら遊ぶのが面白い。今回は目の前にみんないるため少し不思議な感じもありましたが。
製品版ではボイチャは必須ですね、俄然面白いし、勝つ可能性を少しでも上げるためには欠かせないです。

海外版ではほとんど遊ばなかったマルチプレイを体験できてとても楽しかった。やはり複数人で集まってやると格段に面白い。
シングルプレイの方も漢臭い西部劇ストーリーは笑いあり涙ありの面白さ、さすがの一言ですよ。

放浪モードの日本語版トレイラーがこちら




10/7発売予定です、お楽しみに。
日本語版も買います。もちろんですとも。
しかしGTA4の時は確か実績は共通でセーブデータが別 という変則だった気がするんですよね…。
実績が別ではないとなると初めからやっても少し寂しい感じがしますね。
とり忘れた実績の回収などしながら楽しんで行こうかと。
posted by わすこ at 15:07| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記