2009年08月31日

ベヨネッタ体験会

六本木で行われたベヨネッタ先行体験会「Feel BAYONETTA 8.29 」
に行って来ました。
実は結構 楽しみにしてましたし、発売も楽しみです。

開発のプラチナゲームズ、こちらには大変思い入れがありまして…
逆転裁判でまだカプコンにいた稲葉敦志氏を知り 結構感銘を受け
逆転裁判3でゴトー検事の神谷英樹氏を知り、
退社後のクローバースタジオでの大神は大ファンです。
プラチナゲームズになってからの無限航路も
時間がかかるのですが結構面白い。
全体的に応援しています。

体験会は一人15分、4回入れ替えでプレイできるのはチュートリアル、プロローグの一部、チャプター1の一部 となっていました。
プレイしていない時は神谷ディレクターと橋本祐介プロデューサーのトークセッションに耳を傾ける、という感じで進行。

私は2回目の入れ替えで試遊台に入ったのですが、
その時突然席の左に神谷氏が!
トークセッションを中断してプレイしている所を回ってた模様。
本当なら何かここでアドバイスなりを多く頂けたのでしょうが
ちょうど開始したばかりでムービーをスキップしたり、
戦闘できる場所まで向かっているのに時間を取られる。
戦闘開始後も操作に上手く慣れておらず、ちょっとボコられており
「それ、そこに回復アイテムが」とか「ここの敵にターゲットが…」
などちょっと己の不甲斐なさが現れるアドバイスをもらいました。
そこでトークセッションに動きがあり、神谷氏離脱。
もうちょっと何か喋りたかった…ザンネン。

ゲーム自体は純正3Dアクションというか、分かり易いタイプ。
XとYを組み合わせて攻撃を入れて行き、タイミングよく拷問技を発動させ、敵の攻撃をギリギリで避けてウィッチタイムを発動、バレットタイムよろしくスローモーションになった敵をボコす。
操作に慣れればノーマルで結構サクサクプレイできるレベルだと思います。
さらにボタンひとつでプレイする事もできてしまう
イージーオトマチックモードもあるので、アクション苦手ならコチラで。
途中敵が武器を落とすこともあり、これを使ってのアクションも中々面白い。

個人的によかったのは、ロード時間中に格闘ゲームでいうコマンド表が表示されて練習というか、動かしていられること。
序盤ではコマンドを覚えるのに使えますし、結構こういうのは見てて飽きないものなので長く使えるものでは。

トークセッションで体験版の配信についても鋭意制作中とのことで
いずれ配信されるのでしょう、楽しみです。


10/29発売予定、購入予定というかします。
posted by わすこ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31759839
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック